コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タレガ タレガTárrega, Francisco

4件 の用語解説(タレガの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タレガ
タレガ
Tárrega, Francisco

[生]1852.11.21. カステリョンデラプラナ近郊ビラレアル
[没]1909.12.15. バルセロナ
スペインギター奏者。近代スペインのギター奏法の基礎を開き,自作品のほか,バッハハイドンモーツァルトベートーベンらの作品のギター用編曲を残した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

タレガ

スペインのギター奏者,作曲家。スペイン東部カステリョン・デ・ラ・プラナ県下に生まれ,ギターを独修後マドリード音楽院ピアノ科に学ぶ。1884年以降はバルセロナを本拠に演奏・教育両面で活躍。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

タレガ【Francisco Tárrega】

1852‐1909
スペインの作曲家,ギター奏者。マドリード音楽院でピアノ,作曲を学ぶかたわら,早くからギター演奏に打ち込み,各地へ演奏旅行のほか,バルセロナを本拠として作曲・教授に力をつくした。ギターの音に清澄さをもたらす弾弦法をはじめ,近代的メソッドを確立,バッハ,ショパンアルベニスらの作品を編曲演奏するなどして,衰退期にあったギターの地位を大きく引き上げた。この楽器が迎えた〈20世紀のルネサンス〉を用意したことから〈近代ギター音楽の父〉と呼ばれ,後世に強い影響を残した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タレガ
たれが
Francisco (y Eixea) Trrega
(1852―1909)

「近代ギター音楽の父」とよばれるスペインのギター奏者、作曲家。ビリャレアールに生まれ、バルセロナに没した。子供のころからギターに興味を示し、マドリード音楽院に学ぶ。1880年ロンドンとパリの演奏会で一躍世界に名を知られる。演奏活動、美しい小品の作曲のほか、140曲もの編曲(バッハ、ベートーベン、ショパンなど)を通じてギターの新しい可能性を開拓すると同時に、プジョールEmilio Pujol(1886―1980)らの優れた弟子を育て、20世紀のギター復興への道を開いた。代表作は『アルハンブラの思い出』(1896)のほか、『アラビア奇想曲』など。[関根敏子]
『E・プジョール著、浜田滋郎訳『ターレガの生涯』(1977・現代ギター社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

タレガの関連キーワード河津省庵真田幸貫富田久三郎ラングスドルフ第二帝政ムーア海里科学史ビルマ戦争明治大学

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

タレガの関連情報