コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タレガ タレガ Tárrega, Francisco

4件 の用語解説(タレガの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タレガ
タレガ
Tárrega, Francisco

[生]1852.11.21. カステリョンデラプラナ近郊ビラレアル
[没]1909.12.15. バルセロナ
スペインギター奏者。近代スペインのギター奏法の基礎を開き,自作品のほか,バッハハイドンモーツァルトベートーベンらの作品のギター用編曲を残した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

タレガ

スペインのギター奏者,作曲家。スペイン東部カステリョン・デ・ラ・プラナ県下に生まれ,ギターを独修後マドリード音楽院ピアノ科に学ぶ。1884年以降はバルセロナを本拠に演奏・教育両面で活躍。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

タレガ【Francisco Tárrega】

1852‐1909
スペインの作曲家,ギター奏者。マドリード音楽院でピアノ,作曲を学ぶかたわら,早くからギター演奏に打ち込み,各地へ演奏旅行のほか,バルセロナを本拠として作曲・教授に力をつくした。ギターの音に清澄さをもたらす弾弦法をはじめ,近代的メソッドを確立,バッハ,ショパンアルベニスらの作品を編曲演奏するなどして,衰退期にあったギターの地位を大きく引き上げた。この楽器が迎えた〈20世紀のルネサンス〉を用意したことから〈近代ギター音楽の父〉と呼ばれ,後世に強い影響を残した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タレガ
たれが
Francisco (y Eixea) Trrega
(1852―1909)

「近代ギター音楽の父」とよばれるスペインのギター奏者、作曲家。ビリャレアールに生まれ、バルセロナに没した。子供のころからギターに興味を示し、マドリード音楽院に学ぶ。1880年ロンドンとパリの演奏会で一躍世界に名を知られる。演奏活動、美しい小品の作曲のほか、140曲もの編曲(バッハ、ベートーベン、ショパンなど)を通じてギターの新しい可能性を開拓すると同時に、プジョールEmilio Pujol(1886―1980)らの優れた弟子を育て、20世紀のギター復興への道を開いた。代表作は『アルハンブラの思い出』(1896)のほか、『アラビア奇想曲』など。[関根敏子]
『E・プジョール著、浜田滋郎訳『ターレガの生涯』(1977・現代ギター社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

タレガの関連キーワードソルある貴紳のための幻想曲アンダルシア協奏曲組曲「スペイン」スペインの歌スペインの時スペインの庭の夜マドリガル協奏曲マドリード・バレエ団マドリードのスペイン広場

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

タレガの関連情報