コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タンジュン・プリオク Tanjung Priok

世界大百科事典 第2版の解説

タンジュン・プリオク【Tanjung Priok】

インドネシア,ジャワ島西部にある首都ジャカルタの外港。ジャワ海に臨み,ジャカルタ旧市街から約10km東方にある。19世紀末,バタビア(現,ジャカルタ)の発展に伴い,近代的港湾造成工事により完成したもので,4本の埠頭を備え,水深も12mあり,国内・国際交通や商業に大きな役割を果たしている。港とジャカルタ市内とは国道や電化された鉄道で結ばれ,またそれに沿う海岸には新しい娯楽・休養施設も発展してきた。【別技 篤彦】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のタンジュン・プリオクの言及

【ジャカルタ】より

… 1619年以降,運河の開削,城壁,要塞,商館,住宅等の建設が繰り返し行われ,とくに1628年と29年にマタラム王スルタン・アグンがバタビアへの遠征に失敗してからは,町の拡大は著しく進んだ。町は運河に沿って南へ延びて現在のコタ地区が形成され,18世紀半ば以降はウェルテフレーデン地区(現在のジャカルタ中心部)に教会,広場,総督府,法学校,市庁舎が,また1877年から1917年にかけて東方のタンジュン・プリオクに新しい外港が建設された。さらに,南東方のメーステル・コルネリス地区(現在のジャティネガラ)に軍施設が設置されて町の外縁はいっそう拡大した。…

※「タンジュン・プリオク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

タンジュン・プリオクの関連キーワードジャカルタ首都特別州スンダクラパスラバヤ

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android