コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジャワ海 ジャワかいJava Sea

4件 の用語解説(ジャワ海の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジャワ海
ジャワかい
Java Sea

太平洋の縁海の一つ。スマトラ島南東部,ジャワ島北部,ボルネオ島南岸に囲まれた海域。北西部のカリマタ海峡南シナ海に通じ,東部でバリ海に接続する。一般に水深は浅く平均深度 46m,約 90m以下のところが多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ジャワ海【ジャワかい】

インドネシア西部,ジャワ島北岸,スマトラ島南東岸,ボルネオ島南岸に囲まれた海。南緯3°〜7°,東経106°〜116°にわたる。東西966km,南北322km。かつての陸地が陥没して生じたもので水深は浅く,90m以下である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ジャワかい【ジャワ海 Laut Jawa】

インドネシア西部,ジャワ島北岸,ボルネオ島南岸,スマトラ島南東岸,バンカ島ビリトゥン島などにより囲まれた海域で,東西約1200km,南北約400km。かつての陸地が陥没したもので,スンダ海棚の一部を形成し,水深も全体的に浅く,中央部で50~60mにすぎない。スリブー,カリムンジャワ,バウェアン,カンゲアンの小島群が散在する。4~10月は乾いた南東モンスーンが卓越し,オーストラリア方面から砂塵を吹きつけるので,もや,霧が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジャワ海
じゃわかい
Laut Djawa

インドネシア、ジャワ島、ボルネオ島、スマトラ島などの島々に囲まれた海域。東西966キロメートル、南北322キロメートル。スンダ海棚の一部を形成しているため水深は概して浅く、中央部は50~60メートルにすぎない。海域内にはカリムンジャワ、バウェアン、カンゲアンなどの諸島が点在しており、海底は泥からなる。周囲の島々の海岸線は全体的に単調で、とくにボルネオ島南岸、スマトラ島東岸は低湿なデルタ地帯であるため遠浅の海岸をなす。砂州の発達が著しいのも特色である。季節風の影響で海流は11~3月は東へ、4~10月は西に流れる。スンダ海峡ロンボク海峡マカッサル海峡、カリマタ海峡など海上交通路として世界的に重要な海峡が四方にあり、ジャワ海は航路としての利用度が高い。太平洋戦争中この海域で旧日本軍と連合軍との間で大海戦(ジャワ海戦)が行われた。[上野福男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ジャワ海の関連情報