コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タンボフ タンボフ Tambov

3件 の用語解説(タンボフの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タンボフ
タンボフ
Tambov

ロシア西部,タンボフ州の州都。モスクワの南東約 400kmにあり,オカ川水系ツナ川にのぞむ。 1636年ベルゴロド防衛線の要塞として建設された。 19世紀後半モスクワ-サラトフ鉄道が通じてから,農産物集散地として発展。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

タンボフ

ロシアの都市で,同名州の州都。モスクワ南東約420km,ツナ川(オカ川支流)の河岸にある。機械,化学,食品などの工業が行われる。1636年要塞(ようさい)として創設。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

タンボフ【Tambov】

ロシア連邦,ヨーロッパロシアの南西部,同名州の州都。モスクワの南東480km,ツナ川左岸の河港。人口33万6000(1993)。1636年,タタールの襲撃からモスクワを防衛するために築かれた要塞が起源。70年にはラージン軍が肉薄した。初期のタンボフ県知事の一人に詩人G.R.デルジャービンがいる。1830年コレラ一揆(コレラの流行に伴う民衆暴動)が発生した。19世紀末にモスクワ~サラトフ間の鉄道が当地を通り,穀物・家畜の交易で発展した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

タンボフの関連キーワードアゾフカルーガクルスク欧露コミヨーロッパロシアロシアンブルーロシア連邦共産党ボルガ[川]コミ[共和国]

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone