コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダイズ油(大豆油) だいずゆsoybean oil

1件 の用語解説(ダイズ油(大豆油)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

だいずゆ【ダイズ油(大豆油) soybean oil】

ダイズの種子からおもに溶媒抽出法によって採取する油脂。主産地はアメリカで,アメリカでも日本でも多く消費される油脂である。豆の含油率は15~23%。融点-7~-8℃,比重d415=0.922~0.934,屈折率nD20=1.472~1.478,ケン化価193~195,ヨウ素価114~138,酸価0.3~3.0。脂肪酸組成はリノール酸51~55%,オレイン酸22~25%,パルミチン酸10~12%,リノレン酸8~9%,ステアリン酸3~4%など。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のダイズ油(大豆油)の言及

【食用油】より

…食用に適する油脂の総称。常温で液状のものは油(脂肪油),固体のものを脂(脂肪)というが,通常用いているダイズ油,ナタネ油,ゴマ油などは植物性食用油である。動物性食用油の部類に入る魚油鯨油は酸化変敗を受けやすく,不快臭をもちやすいため,そのままではほとんど用いられない。これらは水素添加を行って,マーガリンショートニングとして用いられる。植物脂にはヤシ油パーム油,カカオ脂などがあり,マーガリン,チョコレートの原料とされる。…

※「ダイズ油(大豆油)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone