コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダイハツシャレード

1件 の用語解説(ダイハツシャレードの意味・用語解説を検索)

日本の自動車技術240選の解説

ダイハツシャレード

車両の大型化、大排気量化が進む中で、自動車の必要機能を原点から 考え直し、コンパクト化、低燃費・省資源ならびに快適性を徹底的に追求した。 特に、エンジンにおいては、3気筒1000cc、バランサ付き、燃焼室に乱流生成 ポットを採用など数多くの新技術が盛り込まれている。特に、バランサについては クランク軸バランスウエイトを所定の質量に設定して、意図的にクランク軸に 偶力を発生させ、この偶力を打消す機能のバランスシャフトを設け、3気筒特有の 振動を低減し、静粛なエンジンとして注目された。  また、車両の投影面積が約5平方メートルで、小回りの効く使い勝手の良さを象徴する意味で「5平米カー」と称され、多くのユーザーに受け入れられた。保管場所ダイハツ工業株式会社 (〒563-8651 大阪府池田市ダイハツ町1番1号)
製作(製造)年1977
製作者(社)ダイハツ工業株式会社
資料の種類量産品
現状展示(静態)・公開
車名ダイハツ シャレード
モデル名XTE
会社名ダイハツ工業株式会社
製作開始年1977
設計者ダイハツ工業
車種・用途乗用車
実車所在/模型ダイハツ工業 広報部
スタイル小型四輪乗用車
ドア数5ドア
乗員5名
車両重量660
構造ハッチバック式セダン
バンパーあり
ステップなし
全長3460
全幅1540
全高1360
タイヤサイズ゙155 SR 12
前軸ストラット式
後軸アクスル ビーム式
軸距2300
前トレッドx後トレッド1300×1280
ステアリングラックピニオン式
ダンパーあり
スタビライザーあり
冷却/気筒配列水冷/3気筒直列
弁機構頭上カム式ベルト駆動
内径x行程76×73
排気量993
点火系イグニッション式バッテッリ点火
最高出力/回転数55/5500
排気浄化触媒付き希薄燃焼方式等
燃料タンク容量34リッター
ハイブリッドシステム形式なし
変速機常時噛合歯車式
駆動方式FF
モード燃費-
参考文献昭和52年10月4日 ダイハツ自動車販売株式会社発行「シャレード新型車解説書」
その他事項前照灯:2;ワイパー:あり;ワッシャー:あり;足ブレーキ:ディスク リーディング トレーリング;手ブレーキ:レバー式;比出力PS/l:55;最終減速:4.588;最高速度:(Km/h) 135;燃費率:210g/PS・h(3200rpm);

出典|社団法人自動車技術会
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ダイハツシャレードの関連キーワード小型自動車ドアエンジン特殊自動車自動二輪車減車食が進む排気量箸が進む普通自動車自動速度取り締まり装置(オービス)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone