コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダイポールアンテナ ダイポールアンテナdipole antenna

百科事典マイペディアの解説

ダイポールアンテナ

広義には相対する二つの極をもつアンテナをさすが,一般には半波ダイポールアンテナのこと。これは長さが送信(受信)電波の半波長の導線からなり,その中央に給電点を設けたもので,アンテナの基本形とされる。
→関連項目アンテナテレビアンテナパラボラアンテナ八木=宇田アンテナ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

ダイポールアンテナ【dipole antenna】

直線状の導体中央に高周波電源を接続する線状アンテナ。主に短波帯・超短波帯で用いられる。 → アンテナ

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のダイポールアンテナの言及

【双極子】より

…ベクトル和pp1p2+……をこの分布の双極子モーメントという(図2)。直線状のアンテナは,各瞬間におけるその上の電荷分布が双極子型であるため,ダイポール(=双極子)アンテナと呼ばれる。双極子モーメントが時間的に変化(振動)すると,電磁波が放射される。…

※「ダイポールアンテナ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ダイポールアンテナの関連情報