コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダウンストリーム down-stream

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダウンストリーム
down-stream

下流部門ともいう。アップストリーム (上流部門) に対する語。 (1) 石油産業を,その全生産過程を川の流れにたとえて表現したもの。探鉱,開発,生産などの原油の開発段階以後の輸送,精製,販売,その他の石油産業部門の総称として用いられる。 (2) 核燃料サイクルにおいて,核燃料を原子炉から取出した後の工程をいう。それには使用済み燃料の受入・貯蔵,再処理,ウラン・プルトニウムの中間貯蔵,混合酸化物燃料形成加工,高レベル放射性廃棄物処理・処分,さらに回収ウランの六フッ化ウランへの転換などの工程がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ダウンストリーム(downstream)

原子炉から取り出された後の、使用済み核燃料の処理・貯蔵・輸送・処分などの工程。⇔アップストリーム
通信回線における下流方向。また、その伝送路のこと。インターネットなどのコンピューターネットワークでは利用者の端末を、宇宙通信では地上局を下流とする。⇔アップストリーム

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ダウンストリームの関連キーワードカヌー競技用語集非対称型モデムサウジアラムコ国際石油資本64QAM下流部門通信回線伝送路

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android