ダウン・ジャケット(読み)ダウンジャケット

百科事典マイペディアの解説

水鳥のにはえる綿羽ダウン)をナイロン地などにつめてキルティングをほどこしたジャケットスキーなどアウトドア・スポーツだけでなく街着としても定着している。柔らかく丈夫で保温性にすぐれているダウンは,防寒用としてコート,ベスト,フードつきのパーカなどにも使われ,寝具としても人気が高い。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

羽毛を入れた防寒用ジャケット。本来は、登山や極地で必要なパーカーやシュラーフなどに羽毛が使われてきた。近年は、スキーやタウン用にも使うようになり、それらを総称してダウン・ジャケットという。ダウンは、水鳥の羽毛のなかでも保温性に富んだ最上質の部分をいうが、ジャケットではフェザー(羽根)と混合して使うのが普通である。羽毛の保温性を十分に発揮させるために、表地は薄地がよいが、耐久性や縫い目からの羽毛の飛び出しを考えて、適度な糸密度の生地が使われている。中の羽毛の質は表示されているが、手ざわりやかさ高さなどからも判断できる。

[辻ますみ]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android