コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダカン Daquin, Louis-Claude

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダカン
Daquin, Louis-Claude

[生]1694.7.4. パリ
[没]1772.6.15. パリ
フランスのオルガン奏者,作曲家。 L.マルシャンの弟子。天才児として楽才を示し,6歳でルイ 14世の前でクラブサン (チェンバロ) を演奏した。 1727年サン・ポール聖堂,39年フランス王室礼拝堂のオルガン奏者に就任。クラブサンのための作品が多数ある。 35年出版の『クラブサン曲集第1集』 Premier livre de pièces de clavecin中の『かっこう』は特に有名。クリスマスキヤロルに基づくオルガン用の『新ノエル曲集』も,今日まで演奏される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)の解説

ダカン

フランスの作曲家。クラヴサンのための《かっこう(La coucou)》が名高い。オルガニストとしても活動し、早くからその才能を示した。6歳でルイ14世のために御前演奏を行い、12歳で教会のオルガニス ...続き

出典|(社)全日本ピアノ指導者協会ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ダカン【Louis‐Claude Daquin】

1694‐1772
フランスのオルガン奏者,クラブサン奏者,作曲家。ユダヤ系家系の出身。幼少よりオルガン演奏の神童ぶりを発揮,6歳のときルイ14世の前で演奏し,12歳で教会オルガン奏者となる。1727年パリのサン・ポール教会のオルガン奏者の地位を争うコンクールでラモーに勝ったことは有名。39年王室礼拝堂(〈王のオルガン奏者〉の称号を得る),55年パリのノートル・ダム大聖堂のオルガン奏者になる。残された作品は二つの曲集のみで,《オルガンとクラブサン用の新ノエル集》(1740ころ)はダカンの名手ぶりのなごりをとどめ,《クラブサン曲集 第1巻》(1735)は,クープランやラモーの作風を踏襲した作風であるが,とくに《カッコウLe coucou》は愛らしい標題作品として知られている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ダカン
だかん
Louis-Claude Daquin
(1694―1772)

フランスのオルガン奏者、チェンバロ奏者、作曲家。パリに生まれ、同地に没。ユダヤ系の家の出身で、6歳にしてルイ14世に音楽的才能を認められ、マルシャンに音楽を学ぶ。12歳のときプチ・サンタントワヌ修道院のオルガン奏者となり、その即興演奏で名をなした。1727年、大作曲家ラモーとオルガンの腕を競って聖ポール教会のオルガン奏者の地位を獲得した。39年に王室オルガン奏者となり、55年にはパリのノートル・ダム大聖堂のオルガン奏者になる。現存する作品はわずかで、クープランの系統を引く絵画的標題をもつ16曲の『クラブサン曲集第一集』(1735)、12曲の『オルガンまたはクラブサン用の新しいノエル集』(1740ころ)がある。[船山信子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ダカンの関連キーワードラブックベイテングザル保護区タートルアイランズ国立公園サンダカン八番娼館望郷モハマド レザ・ハタミベルリン国際映画祭サンダカン記念公園サバ(マレーシア)エベンキ(民族)プージシ仏教寺院コタ・キナバルからゆきさんウダイカンバランカヤン島水の江 滝子マレーシアオロチョン鈴木 光枝田中 絹代サンダカンダキニー語

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android