コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダッラピッコラ

3件 の用語解説(ダッラピッコラの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ダッラピッコラ

ダラピッコラ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)の解説

ダッラピッコラ

イタリアの作曲家。イタリアで最初に十二音技法を採用した。当時オーストリア=ハンガリーの領土であったピジーノでイタリア人のための中学校の校長を務めていた父親が新しい音楽に関心を示し、息子が6歳の時にピ ...続き

出典|(社)全日本ピアノ指導者協会
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ダッラピッコラ
だっらぴっこら
Luigi Dallapiccola
(1904―1975)

イタリアの作曲家。フィレンツェケルビーニ音楽院で学び、1934~67年同音楽院でピアノを教えた。彼はイタリアにおける十二音技法作曲のパイオニア的存在であり、1930年代の中ごろから新ウィーン楽派の影響の下に十二音技法による作品を書き始め、高声と室内楽のための『三つの賛歌』(1936~37)、サン・テグジュペリによるオペラ夜間飛行』(1937~39)などを発表した。ついで作曲された合唱と小合奏のための『囚(とら)われの歌』(1938~41)、オペラ『囚われ人』(1944~48)は、当時のファシズムの圧制に対する抵抗と告発の音楽であり、この精神は、後の合唱と管弦楽のための『解放の歌』(1951~55)へと受け継がれる。彼はこれらの作品を通して、十二音技法をしだいに組織的に用いるようになるが、その用法にはメロディー重視というイタリア・ベルカントの伝統に基づく彼独自の個性がみられる。ほかに宗教劇『ヨブ』(1950)、ホメロスによるオペラ『オデュッセウス』(1960~68)など。[寺田由美子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ダッラピッコラの関連キーワードスカルラッティドニゼッティハウアーマンゾーニイタリアンイタリアンカジュアルマリピエロカセッラ(カゼッラ)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone