ダニエル リベスキンド(英語表記)Daniel Libeskind

現代外国人名録2012の解説

ダニエル リベスキンド
Daniel Libeskind


国籍
米国

専門
建築家

生年月日
1946

出生地
ポーランド ウッチ

学歴
クーパー・ユニオン建築学部〔1970年〕卒;エセックス大学大学院〔1972年〕修了

経歴
ポーランドのユダヤ人家庭に生まれる。イスラエルで音楽を学び、ニューヨークのクーパー・ユニオン、英国のエセックス大学で建築を学ぶ。欧米各地の大学で教鞭を執り、1977〜85年クランブルック芸術学院建築学部長を務めた。’86〜89年イタリア・ミラノにアーキテクチェア・インターマンディウムを設立し所長。’94年カリフォルニア大学ロサンゼルス校建築学部教授。実際の設計に携わることはなかったが、’87年ベルリン国際建築展(IBA)で優勝、ベルリンに移住して初めて建築事務所を開く。この計画はその後ペンディングとなるが、2001年「ユダヤ博物館」としてオープンし、絶賛を浴びる。2003年同時多発テロで崩壊したニューヨークの世界貿易センタービル跡地の復興指針案コンぺで、グラウンド・ゼロの一部を保存した庭園と新たな高層タワーを建設する案が選ばれる。民族の歴史や都市に根差す問題を斬新な作品によって表現する。主な作品に「マイクロメガス」「チェンバーワークス」など。米国籍だが、ベルリンのクロイツベルク地区にアトリエをかまえる。2002年ヒロシマ賞授賞式と受賞記念展のため来日。

受賞
レオーネ・ディ・ピエトラ賞〔1985年〕;ヒロシマ賞(日本,第5回)〔2001年〕

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)現代外国人名録2012について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android