コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

IBA アイビーエーIndependent Broadcasting Authority

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

IBA
アイビーエー
Independent Broadcasting Authority

かつてイギリスにあった商業放送の監督機関。独立放送協会。イギリスの放送は第2次世界大戦前から長らく公共放送BBCの独占であったが,1954年に商業テレビを導入するためのテレビジョン法が成立,独立テレビジョン協会 Independent Television Authority; ITAが設立され,さらに 1972年,商業ローカルラジオを導入するためのラジオ放送法の成立に伴い,ITAが 改組されて成立。BBCと同じ性格の公共企業体で,商業テレビ・ラジオの送信施設を所有運営したが,実際に番組を制作するのは IBAと契約を結んでいる番組制作会社で,地域ごとに分けられた制作会社がネットワークを組織し,多くの番組が全国に向けて放送されていた。番組制作会社の財源は広告放送収入であるが,スポット広告にかぎられ,番組にスポンサーをつけることはできない。1990年,放送法に基づいて解体,テレビの規制機関は独立テレビジョン委員会 Independent Television Commission; ITCに,ラジオはラジオ庁 Radio Authority; RAとなった。2003年,通信と放送分野に分散していた五つの規制機関が統合され,通信庁 Office of Communications; Ofcomとなった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

アイ‐ビー‐エー【IBA】[Independent Broadcasting Authority]

Independent Broadcasting Authority》英国独立放送協会。民放ラジオ・テレビ局を管理・運営する。1972年ITA(独立テレビジョン公社)に代わって発足。1990年、ITC(独立テレビ委員会)となる。

アイ‐ビー‐エー【IBA】[International Bauxite Association]

International Bauxite Association》国際ボーキサイト連合。1974年結成。1994年解散。事務局はジャマイカキングストンにあった。

アイ‐ビー‐エー【IBA】[International Baseball Association]

International Baseball Association》⇒アイ‐ビー‐エー‐エフ(IBAF)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

IBA
あいびーえー

独立放送協会Independent Broadcasting Authorityの略称。前身は1954年のテレビジョン法によって設立されたITA(独立テレビジョン協会)で、これが1972年の商業ローカルラジオ開設のためのラジオ放送法の施行に伴ってIBAと改称。イギリスの商業放送の規制監督機関であったが、1990年の放送法によってITC(商業テレビ規制監督機関)となった。[田村穣生]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

IBAの関連情報