コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダヤン・ハーン Dayan khan

1件 の用語解説(ダヤン・ハーンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ダヤン・ハーン【Dayan khan】

1464‐1524?
15世紀末から16世紀前半にかけてモンゴルを支配した人物。モンゴル年代記によれば,本名はバト・モンケ,父はバヤン・モンケと称したボルフ・ジノンでチンギス・ハーン15世孫ともいう。16歳(一説に7歳)で即位し,当時分裂し混乱していたモンゴルを統一,チンギス・ハーン家の権威を復活させたことから,中期モンゴル再興の主といわれる。ただその事跡については,史料上の混乱もあってなぞの部分が多いが,モンゴル右翼部(モンゴル西部)を支配していたイスマーイール,あるいはイブラヒムらと戦ってこれを打倒,モンゴルの政治的統一をもたらしたのは彼の最大の業績といわれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ダヤン・ハーンの関連キーワード天草版カラッチトゥルゴビシュテバロックマジョリカマフ源平時代ターレル達延汗パレルモ大聖堂

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone