コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チアリーディング チアリーディング cheerleading

翻訳|cheerleading

4件 の用語解説(チアリーディングの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

チアリーディング(cheerleading)

チアリーダーダンスアクロバット、かけ声などの技術を競う団体競技。女子だけでなく男子の競技チームもある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

チアリーディング

約100年前に米国で始まり、1980年代に競技として広まった。8~16人で1チームを編成する。88年に始まったジャパンカップでは、5人の審査員が、笑顔や技の正確性、完成度、難易度、連続性、スピード感などを見て100点満点で採点。最高と最低を除いた3人の合計点で競う。

(2015-02-26 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

チアリーディング【cheerleading】

チア-リーダーが団体で演ずる競技。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チアリーディング
ちありーでぃんぐ
cheerleading

チアリーダーがさまざまなダンスや組み体操などの要素で構成された演技を行う団体スポーツ。種目によって最低3人から最大16人までのチームで行われ、チームを組んだ選手ひとりひとりのことをチアリーダーとよぶ。チアcheerとは声援、歓声を意味する英語である。チアリーディングは、19世紀末のアメリカで、スポーツの応援や地域を盛り上げる活動として始まった。当初は、エール交換や応援歌の指揮などがおもな活動であったが、観客を楽しませる演技として、ダンスや曲芸的な要素が徐々に取り入れられていった。1950年代にはNFL(アメリカ・プロフットボール・リーグ)の演出として、プロのチアリーディングが組織され、アメリカンフットボールやバスケットボールの試合の応援と密接に関係しながら、演技の内容が急速な進歩を遂げた。今日のアメリカでは、中学校以上のほとんどの学校でチアリーディングのチームが組織されている。
 チアリーディングは、応援から始まった点に特徴があり、チアリーダーの躍動感や笑顔、チームの同調性など、見る人を引きつける演技の魅力が問われる。種目はおもにダンスとスタンツに大別される。ダンスはラインダンスやヒップホップ、ジャズダンスなどの要素と、チアリーディング特有の身体の動きを組み合わせたもの。スタンツは組み体操の要素を取り入れた演技が中心である。このダンスとスタンツを構成の中軸とし、基礎的な演技要素のチア・サイドラインとよばれる掛け声、手と腕の動きやその形で表現するアームモーション、床運動のタンブリングなどが組み込まれて演技の全体が構成されている。競技時間は、ダンスで通常2分30秒、スタンツは60秒ほどである。
 近年はアメリカだけでなく、カナダ、ヨーロッパ、台湾やタイなどのアジアでも盛んに行われており、日本では、1988年(昭和63)に全日本チアリーディング選手権大会が初めて開かれた。高等学校、大学を中心に競技人口や団体数が増加している。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チアリーディングの関連キーワードブレイクダンスアクロバチックアクロバットアクロバット飛行ブレークダンスマイクロリーダーチアダンスアクロバットリーダー準アクロバット要素アクロバット要素

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

チアリーディングの関連情報