コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チェックス・アンド・バランセス checks and balances

世界大百科事典 第2版の解説

チェックス・アンド・バランセス【checks and balances】

抑制均衡と訳される。諸権力を相互に対立・抑制させることによって,一つの権力が浸透・支配することを防ごうという理論ないし制度。本来,階級間の均衡をはかる思想であったが,やがてロックやモンテスキューを経て,権力分立論の補完思想として発展し,さらにアメリカ各州憲法および連邦憲法に政府の立法・行政・司法各部門間の均衡という形で制度化されるにいたった。ただし実質的には政党の存在が抑制均衡をスムーズにする機能を果たしてきた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android