コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チェビオット丘陵 チェビオットきゅうりょう Cheviot Hills

翻訳|Cheviot Hills

2件 の用語解説(チェビオット丘陵の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チェビオット丘陵
チェビオットきゅうりょう
Cheviot Hills

イギリス,イングランドスコットランドの境界に沿って連なる丘陵地帯。全長約 50km。最高点はチェビオット山 (815m) 。中部にある標高 418mのカーターバー峠を越えてイングランドからスコットランドへの幹線道路が通じている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チェビオット丘陵
ちぇびおっときゅうりょう
Cheviot Hills

イギリス、イングランドとスコットランドとの境界上に、北東―南西方向に延びる全長約60キロメートルの丘陵性の山地。最高点は北東端のチェビオット山(816メートル)。丘陵の北西側は急傾斜し、南東側は緩やかに傾斜している。丘陵は草地またはヒースに覆われ、ヒツジが放牧される。山岳種として知られる強健な肉用ヒツジのチェビオット種はこの地方の原産である。付近には古城などの遺跡が多い。[小池一之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チェビオット丘陵の関連キーワードスコットランドヤード蘇格蘭チェビオットHighlandsスコットランド室内管弦楽団ラストキング・オブ・スコットランドグレトナ・グリーンスコットランド・ヤードトウィード[川]スコットランド風

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone