コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チェファルー チェファルー Cefalù

3件 の用語解説(チェファルーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チェファルー
チェファルー
Cefalù

イタリア南西部,シチリア島北岸中央の町,漁港。シチリアパレルモ県に属する。岬の上には古都の跡があり,巨石建造物 (前9~8世紀) や石壁 (前6世紀) が残る。ギリシア植民都市として建設されたとされるが,前 395年歴史に登場,シラクーザカルタゴ領を経て前 254年ローマに帰属。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

チェファルー(Cefalù)

イタリア南部、シチリア島、シチリア自治州の都市。同島北西部のティレニア海に面し、マドニエ州立自然公園の一部をなす。中世の面影を残す旧市街には、12世紀にノルマン朝シチリア王ルッジェーロ2世が建てたチェファルー大聖堂がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チェファルー
ちぇふぁるー
Cefal

イタリア、シチリア島北西部のパレルモ県の都市。人口1万3774(2001国勢調査速報値)。ティレニア海に面する漁港、海水浴場。11~13世紀に大いに栄えた。ノルマンのシチリア王ルッジェーロ2世(在位1130~54)によって建てられた大聖堂がある。大理石採掘が行われる[堺 憲一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チェファルーの関連キーワードシチリア島シャッカオルティジア島セジェスタタオルミーナバゲリーアプレトリア広場モツィアモンレアーレチルネコ・デルエトナ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone