コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チェレポベツ チェレポベツ Cherepovets

2件 の用語解説(チェレポベツの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チェレポベツ
チェレポベツ
Cherepovets

ロシア北西部,ボログダ州の都市。州都ボログダの西約 120km,ボルガ=バルト水路の通るルイビンスク人造湖にのぞむ河港都市。ロシア有数の鉄鋼生産中心地で,ペチョラ炭田の石炭とコラ半島の鉄鉱石を原料として,1955年鉄鋼コンビナートが建設され,以後数回にわたり拡張されてきた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チェレポベツ
ちぇれぽべつ
Череповец Cherepovets

ロシア連邦北西部ボログダ州の工業都市。人口32万4500(1999)。リビンスク貯水池に港湾を有し、ロシア北西部の鉄鋼業中心地となっている。1955年鉄鋼コンビナートが建設され、以後生産能力が拡大されている。ほかに木材加工、繊維、縫製、製靴の諸工業がある。市は、16世紀から知られるボスクレセンスキー修道院のそばにできた村から発展し、1777年市となった。文化施設としては教育大学チェレポベツ総合博物館がある。[中村泰三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チェレポベツの関連キーワードボログダ風疿ぼろぼろの木エボロワКирилловЧереповецВологдаまぼろしまぼろしの怪盗ベリキー・ウスチュク

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone