コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チキウ岬 チキウみさき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チキウ岬
チキウみさき

別称地球岬。北海道南西部,太平洋に突出した絵鞆半島の最南端にある岬。地名はアイヌ語のチケプ (断崖の意) に由来。金剛浜に続き,金屏風または黄金懸崖と呼ばれる安山岩集塊岩の 15m以上の海食崖が連なる。 1920年設置の灯台および霧信号所,無線方位信号所がある。「室蘭新八景」の1つ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

チキウみさき【チキウ岬】

地球岬とも書く。室蘭市絵鞆(えとも)半島最南端の太平洋に突出した岬で,安山岩,流紋岩からなる断崖に囲まれる。先端の崖上に地球岬灯台があり,室蘭港の出入り船舶の目標となっている。地名はアイヌ語の〈チケプ(断崖)〉から転訛したものといわれる。岬の先端からは太平洋と断崖のそそり立つ海岸を見渡し,南西に内浦湾をへだてて駒ヶ岳をはじめとする渡島(おしま)半島の山地を望む景勝の地である。【奥平 忠志】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

チキウみさき【チキウ岬】

北海道室蘭市、絵鞆えとも半島南端の岬。太平洋に臨み、海食崖が発達する景勝地。地球岬。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕チキウ岬(チキウみさき)


北海道室蘭(むろらん)市の絵鞆(えとも)半島南端に位置する岬。高さ80~100mの海食崖(かいしょくがい)が連続する。岬東側に金屏風(きんびょうぶ)、西側に銀屏風・金剛(こんごう)浜の豪快な海岸美が連なる。地球(ちきゅう)岬観光道路が通じ、展望台地球広場・チキウ岬灯台がある。地球岬ともいう。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

チキウ岬の関連キーワード北海道室蘭市母恋南町北海道室蘭市銀屏風

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

チキウ岬の関連情報