絵鞆半島(読み)えともはんとう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

絵鞆半島
えともはんとう

北海道南西端,室蘭港を囲む半島。北側は室蘭市の主要市街地となっている。絵鞆はアイヌ語のエトク(突出部の意),またはエンルム(岬の意)に由来。更新世の頃は島であったが,その後砂州でつながり,陸繋島となったもの。測量山,母恋富士,三角山をはじめ 100mほどの丘陵が続く。おもな地層は新第三紀凝灰岩集塊岩。半島南端の絵鞆チャシ(砦)はアイヌ砦の最も大規模なものであった。最南端のチキウ岬の高さ約 15mの絶壁上に光達距離約 46.3kmの 1等灯台がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

GAFA

グーグル(Google)、アップル(Apple)、フェースブック(Facebook)、アマゾン(Amazon)の4社のこと。頭文字を取って称される。いずれも米国を代表するIT企業であり、4社は世界時価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android