コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チクラヨ Chiclayo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チクラヨ
Chiclayo

ペルー北西部,ランバイェケ県県都トルヒーヨの北西約 180km,太平洋沿岸の海岸平野にある。 1720年建設。同県の商工業中心地で,灌漑農業地帯に産する米,サトウキビ綿花などを集散し,精米,繊維,ビール,製材,皮革,製靴,家具,ガラスなどの工業が立地する。パンアメリカン・ハイウェーが通るほか,太平洋岸の港エテン,ピメンテルへ鉄道,道路が通じる。人口 41万 9600 (1990推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

チクラヨ

ペルー北西部の太平洋岸の商業都市。急速に近代化が進んでいる。付近はペルー有数の農業地帯で,米,砂糖,綿花などの取引が盛ん。1987年,南東30kmのシパンにモチカ文化王墓が発見された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

チクラヨの関連キーワードチクラーヨカハマルカペルー地震

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

チクラヨの関連情報