コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チタン磁器 チタンじきtitania ceramics

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チタン磁器
チタンじき
titania ceramics

酸化チタンあるいはチタン酸塩を主成分とする特殊磁器。酸化チタン磁器は誘導率 30~90で,誘電材料 (コンデンサなど) として使用される。チタン酸塩磁器は BaO・TiO2 ,SrO・TiO2 その他の固溶体で,誘電率数千に達するものもあり,強誘電材料 (超音波発生用など) として重要である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

チタン磁器【チタンじき】

酸化チタンTiO2粉末を成形・焼成した磁器。誘電率が大きく,コンデンサー材料として使用。ほかにチタン酸マグネシウムMgO・TiO2,チタン酸バリウムBaO・TiO2,チタン酸ストロンチウムSrO・TiO2なども同様に強誘電性を示し,誘電性セラミックスとして電子材料に利用される。
→関連項目特殊陶磁器

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

チタンじき【チタン磁器 titania porcelain】

酸化チタン(IV) TiO2を主成分とする磁器で,コンデンサー材料として用いられる。酸化チタンにはルチル(金紅石),アナタース(鋭錐石)およびブルッカイト(板チタン石)の三つの結晶形があるが,コンデンサー材料としては誘電率の最も大きなルチル型結晶が用いられる。ルチルは強誘電体ではないが,他の金属酸化物に比べ著しく大きな誘電率をもち,磁器とした場合ほぼ90程度の誘電率を示す。この磁器の特徴はその誘電率が負の温度係数を示し,その誘電損(tanδ)が小さいことである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

チタン磁器の関連キーワード二酸化チタン

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android