コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チタン磁器 チタンじき titania ceramics

3件 の用語解説(チタン磁器の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チタン磁器
チタンじき
titania ceramics

酸化チタンあるいはチタン酸塩を主成分とする特殊磁器。酸化チタン磁器は誘導率 30~90で,誘電材料 (コンデンサなど) として使用される。チタン酸塩磁器は BaO・TiO2 ,SrO・TiO2 その他の固溶体で,誘電率数千に達するものもあり,強誘電材料 (超音波発生用など) として重要である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

チタン磁器【チタンじき】

酸化チタンTiO2粉末を成形・焼成した磁器。誘電率が大きく,コンデンサー材料として使用。ほかにチタン酸マグネシウムMgO・TiO2,チタン酸バリウムBaO・TiO2,チタン酸ストロンチウムSrO・TiO2なども同様に強誘電性を示し,誘電性セラミックスとして電子材料に利用される。
→関連項目特殊陶磁器

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

チタンじき【チタン磁器 titania porcelain】

酸化チタン(IV) TiO2を主成分とする磁器で,コンデンサー材料として用いられる。酸化チタンにはルチル(金紅石),アナタース(鋭錐石)およびブルッカイト(板チタン石)の三つの結晶形があるが,コンデンサー材料としては誘電率の最も大きなルチル型結晶が用いられる。ルチルは強誘電体ではないが,他の金属酸化物に比べ著しく大きな誘電率をもち,磁器とした場合ほぼ90程度の誘電率を示す。この磁器の特徴はその誘電率が負の温度係数を示し,その誘電損(tanδ)が小さいことである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

チタン磁器の関連キーワード酸化チタンチタン白チタン工業二酸化チタンチタンコンデンサー炭化チタン天然系塗料塩化チタン硫酸チタン酸化チタン(IV)

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone