コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鋭錐石 エイスイセキ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鋭錐石
えいすいせき
anatase

酸化鉱物の一つ。鋭い角度をなす長く伸びた四角錐状結晶をして産することが多い。金紅石および板チタン石同質異像の関係にある。他の類似の四角錐状をなす鉱物に比較して、本鉱はずっと長く伸びた結晶をするため、英名は伸長を意味するギリシア語に由来する。花崗(かこう)岩質ペグマタイトおよび変成岩を切る脈(いわゆるアルパインベイン)中に、石英、白雲母(うんも)、電気石などに伴われ結晶形の明らかなものを産する。また各種火成岩や変成岩中にも少量ながら広く産する。[松原 聰]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の鋭錐石の言及

【ルチル】より

…化学組成はTiO2であるが,TiはNb,Ta,Fe2+,Fe3+により一部置換されている。また,アナタースanatase(鋭錐石ともいう),ブルッカイトbrookite(板(いた)チタン石ともいう)とは多形の関係にある。正方晶系。…

※「鋭錐石」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

鋭錐石の関連キーワード鋭錐石(データノート)チタン(元素)チタン磁器酸化チタンチタン白擬金紅石ルチル

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android