コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チタン酸バリウム磁器 チタンさんバリウムじきbarium titanate ceramics

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チタン酸バリウム磁器
チタンさんバリウムじき
barium titanate ceramics

チタン酸バリウムの粉末を高温で焼結してつくられる磁器。比誘電率が室温で 1500~2000という大きい値を示すので,コンデンサ用誘電体として利用できる。小型で大容量のコンデンサが得られるが,損失が多少大きくまた容量誤差も大きくなる傾向がある。電歪効果が顕著に現れ,電気機械結合係数が 0.21~0.50と大きいことから,電歪振動子メカニカルフィルタ,圧電素子などにも利用されている。この場合には磁器に高圧を印加して分極方向をそろえておくことが必要である。炭酸バリウム,酸化チタンの粉末を混合,プレスし,煆焼 (かしょう) してチタン酸バリウムとし,これを十分粉砕したのち希望の形状に成形し,再び焼結して磁器とする。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

チタンさんバリウムじき【チタン酸バリウム磁器 barium titanate porcelain】

チタン酸バリウムBaTiO3(メタチタン酸バリウム)を主成分とする磁器で,主としてコンデンサー材料あるいは圧電材料として用いられる。チタン酸バリウムはペロブスカイト(灰チタン石CaTiO3)型構造をとり,1460℃以上で六方晶,1460~120℃で立方晶,120~0℃で正方晶,0~-80℃で斜方晶,-80℃以下で菱面体晶となる。120℃以下の三つの相は強誘電性であり,したがって圧電性をも示し,-80℃,0℃,120℃の相転移点付近で誘電率のピークを示す。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

チタン酸バリウム磁器の関連キーワードメタチタン酸バリウムペロブスカイトPZT

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android