コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャド内戦 チャドないせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チャド内戦
チャドないせん

チャド独立以来の南部と北部の民族対立に,同国の北に位置するリビアと旧宗主国のフランスを巻き込んだ紛争。 1966年に北部勢力を中心にチャド民族解放戦線 (FROLINAT) が創設され,ゲリラ戦術による武装闘争を開始,リビアがこれに軍事支援を行なったため,劣勢となった中央政府は,防衛協定に基づきフランスに派兵を要請するに至った。 75年のクーデターでトンバルバイエが失脚し,北部勢力を取り込んだ軍事政権が成立した。さらに 78年には FROLINATの主流の一派と提携が成立し連合政府を形成したが,これは弱体で翌年には周辺5ヵ国が調停に乗り出し,カノ協定による南北和平にこぎつけた。ここで北部主導の暫定国民連合政府が生まれたが,FROLINATの内部対立が持ち込まれ,80年には再び内戦状態に陥った。北部の地下資源への権益とも絡んで執拗に介入するリビアは反政府勢力を支援,他方,アメリカが中央政府支援に回り,事態は一層複雑化した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のチャド内戦の言及

【チャド】より

…正式名称=チャド共和国République du Tchad面積=128万4000km2人口(1996)=654万人首都=ヌジャメナN’Djamena(日本との時差=-7時間)主要言語=フランス語,アラビア語,多くの民族語通貨=CFAフランFranc de la Coopération Financière en Afrique Centraleアフリカ大陸の内奥部,ほぼ中央に位置する共和国。北はリビア,東はスーダン,南は中央アフリカ,西はカメルーン,ナイジェリア,ニジェールの各国と国境を接する内陸国である。…

※「チャド内戦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android