コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャムド

3件 の用語解説(チャムドの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

チャムド

中国,チベット自治区東部の県。同名地区の公署所在地。漢字では昌都。察木多とも。青海とチベット間の交通・貿易の要衝。川蔵公路に沿うチャムド地区の中心地。もと西康省に属したが,1955年同省の西半と金沙江以西でチャムド地区が成立したとき,その主都となった。
→関連項目ギャムダチベット

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

チャムド【Qamdo】

中国チベット自治区東部の県。同名地区の公署所在地。人口6万(1994)。瀾滄江上流の扎曲と昂曲の合流点にある。農林業が主であるが,解放後は発電所や農業機械修理工場が建てられている。青海,四川,雲南各省に近く,清代にはチベット東部すなわち康,喀木の中心で察木多と称した。民国には西康省に属したが,解放後の1951年,昌都地区人民解放委員会がおかれ,中央政府の指導下に入り,60年,県となった。【駒井 正一】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チャムド
ちゃむど / 昌都

中国、チベット自治区東部の県。同名地区の公署所在地。瀾滄(らんそう)江上流、ザチュとオムチュが合流する標高3200メートルの地点にある。両河川には四川橋、雲南橋がかかり、市内を川蔵自動車道が通り、西南各省に通じる交通の要所である。青(チンコー)(ハダカエンバク)栽培や牧畜業のほか、麝香(じゃこう)などの薬材採取が盛んで、近年、農業機械修理工場なども設けられている。清(しん)代には、チベット東部のカムの中心であった。[駒井正一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

チャムドの関連情報