コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャムド

百科事典マイペディアの解説

チャムド

中国,チベット自治区東部の県。同名地区の公署所在地。漢字では昌都。察木多とも。青海とチベット間の交通・貿易の要衝。川蔵公路に沿うチャムド地区の中心地。もと西康省に属したが,1955年同省の西半と金沙江以西でチャムド地区が成立したとき,その主都となった。
→関連項目ギャムダチベット

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

チャムド【Qamdo】

中国チベット自治区東部の県。同名地区の公署所在地。人口6万(1994)。瀾滄江上流の扎曲と昂曲の合流点にある。農林業が主であるが,解放後は発電所や農業機械修理工場が建てられている。青海,四川,雲南各省に近く,清代にはチベット東部すなわち康,喀木の中心で察木多と称した。民国には西康省に属したが,解放後の1951年,昌都地区人民解放委員会がおかれ,中央政府の指導下に入り,60年,県となった。【駒井 正一】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チャムド
ちゃむど / 昌都

中国、チベット自治区東部の県。同名地区の公署所在地。瀾滄(らんそう)江上流、ザチュとオムチュが合流する標高3200メートルの地点にある。両河川には四川橋、雲南橋がかかり、市内を川蔵自動車道が通り、西南各省に通じる交通の要所である。青(チンコー)(ハダカエンバク)栽培や牧畜業のほか、麝香(じゃこう)などの薬材採取が盛んで、近年、農業機械修理工場なども設けられている。清(しん)代には、チベット東部のカムの中心であった。[駒井正一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

チャムドの関連キーワードチャムド(昌都)地区マルカム(芒康)県チベット(自治区)チャムド(昌都)県ジョムダ(江達)県玉樹

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android