コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャラカ チャラカCharaka

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チャラカ
Charaka

古代インドの医者。伝説ではカニシカ王の保護下に活躍した。彼の医書『チャラカ本集』はアーユル・ベーダの三大古典の一つで,9世紀のドリダバラの補訂したものが残っている。同書には医学の起源,医者の義務などのほか医薬,疾病,身体と精神の関係,養生などが述べられている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チャラカ
ちゃらか
Caraka

2世紀ころのインドの医学者。『チャラカ・サンヒター』(チャラカ本集)の著者と伝えられている。当時、すでにインド医学はかなりの発達を遂げており、ほぼ同時代ないしすこし遅れたころに、スシュルタの手になるとされる『スシュルタ・サンヒター』も登場している。こうした書における人体の解剖学的な記述は、今日の解剖学の水準に照らしても、かなり精密である。また、医食同源、睡眠と節制の重視など、健康法についての記述も多い。論理学、論証学についても記述が豊富であり、この点でも注目されている。[宮元啓一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のチャラカの言及

【インド医学】より

…両者には地域性による相違もあるが,著しいのは前者が徹頭徹尾内科的療法を行うのに対し,後者は多くの外科的療法を採用していることである。アートレーヤ学派には6種の綱要書が存在していたといわれるが,完全な形で現在まで伝えられているのは《チャラカ・サンヒター》のみである。この書の著者というより改編者であるチャラカはカニシカ王の宮廷医であったといわれる。…

【カニシカ】より

…それによると,王ははじめ仏法を軽視していたが,のちに熱心な仏教信者となり,首都プルシャプラ(現,ペシャーワル)の郊外に大塔を建て,またカシミールにおける仏典編集事業(いわゆる第4結集)を援助したという。さらに中部インドを征服したさいに,この地の王から万金と交換に仏教詩人アシュバゴーシャ(馬鳴(めみよう))を獲得したと伝えられ,また名医として名高いチャラカCarakaが王の宮廷で活躍したともいわれる。このうち大塔建立は,王の名を刻んだ舎利容器の発見によって史実であることが判明している。…

【バーグバタ】より

…生没年不詳。チャラカ,スシュルタと並んでインド古典医学の〈三医聖〉の一人とされるが,他の2人に比べてはるかに歴史的実在性の明らかな人物であり,おそらくは義浄(635‐715)が《南海寄帰内法伝》で言及している医者であろう。ただし,《アシュターンガ・サングラハAṣṭāṅga‐saṃgraha》と《アシュターンガ・フリダヤサンヒターAṣṭāṅga‐hṛdayasaṃhitā》というよく似た2種の著作が残っており,バーグバタ2人説を唱える学者もある。…

※「チャラカ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

チャラカの関連キーワードスシュルタ・サンヒターチャラカ・サンヒターホウカンチョウキョウチクトウ中田 ダイマルフランキー堺沢村 いき雄ルーキー新一香川 登枝緒人見 きよし木戸 新太郎八波 むと志インドの科学藤田 まこと石川ともみ伊藤ゆきえ如月 寛多川上のぼる谷村 昌彦バーグバタ