コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャンディ・ムンドゥット Tjandi Mendut

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チャンディ・ムンドゥット
Tjandi Mendut

インドネシア,中部ジャワの遺跡ボロブドゥールの東にある仏教遺跡。内部の中央に説法印の如来倚像とその両脇に金剛手菩薩像と観音菩薩像を安置。これらの彫刻は堂々とした量感をもち,インドネシア彫刻の最高の水準を示している。建物入口の両側面にはハリティとパンシカの夫婦神を表わし,外壁には八菩薩,天人などを浮彫にしている。この寺はおそらく8世紀後半から9世紀初頭頃の建立とみられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android