コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャンフー・ダロ Chanhu daro

1件 の用語解説(チャンフー・ダロの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

チャンフー・ダロ【Chanhu daro】

パキスタンのシンド州ナワーブシャー地区のサクランド近傍にあり,インダス文明都市期ほかの古代文化が検出された遺跡。チャヌフー・ダロとも呼ぶ。インダス左岸から約20km,モヘンジョ・ダロから南120kmほどに位置し,氾濫の浸食によりいま3丘にわかれている。1931年に発見,35‐36年にE.H.マッケイが発掘。地下水位以下にも文化層が続くが,発掘はおこなわれていない。判明した文化層はインダス文明都市期の文化とその上に重なるジューカル文化ジャンガル文化である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone