コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チルー Pantholops hodgsoni; chiru

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チルー
Pantholops hodgsoni; chiru

偶蹄目ウシ科。別名チベットレイヨウ。体長 135cm,体高 80cm内外で,雄は長さ 60cmあまりの分岐しない細長い角をもつ。全身羊毛状の毛が生え,淡黄褐色であるが,鼻先淡色。標高 3000~5000mの高山地帯に数頭の小群で生活している。チベット人はその昔,本種を神聖視していた。チベット,ラダックに分布する。架空の動物ユニコーンのモデルとされる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

チルー【chiru】

体型はアンテロープに似るが鼻が膨れサイガに近縁な偶蹄目ウシ科の哺乳類。カシミール,チベットから中国中・北部に分布。体長130~140cm,尾長10cm,肩高79~94cm,体重25~50kg。角は雄だけにあり,サイガの角よりもずっと長く,51~71cmもあり,頭頂より真上方向にのびる。体毛は羊毛状で厚く淡黄褐色,雄は顔面が黒色,足の前面にも黒線があるが,雌には黒斑がない。標高3600~5400mの高原に小さな群れで生活する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

チルーの関連キーワードトーマス(Jr.) ミジリアレクサンドリチチルカマサー金城 哲夫学校給食マネスクルージュよしや

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

チルーの関連情報