コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツェラー ツェラー Zeller, Carl

3件 の用語解説(ツェラーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツェラー
ツェラー
Zeller, Carl

[生]1842.6.19. ザンクトペーテル
[没]1898.8.17. ウィーン近郊バーデン
オーストリアオペレッタ作曲家。ウィーン少年合唱団員を経て,法律を学ぶかたわらゼヒターに作曲を師事。 1873年オーストリア文部省の芸術顧問に就任。代表作『小鳥売り』 (1891) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ツェラー
ツェラー
Zeller, Eduard

[生]1814.1.22. ウィッテンベルク
[没]1908.3.19. シュツットガルト
ドイツの哲学者,哲学史家,神学者。テュービンゲンベルリンの各大学で学んだ。 1847年ベルン,49年マールブルクの各大学神学教授,62年ハイデルベルク,72年ベルリンの各大学哲学教授。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ツェラー
つぇらー
Karlheinz Zller
(1928―2005)

ドイツのフルート奏者。フランクフルトとデットモルトで学び、ジュネーブミュンヘンの両国際コンクールに入賞。1960~1968年ベルリン・フィルハーモニーの首席フルート奏者を務める。以後、独奏・室内楽活動に転じ、ベルリン・フィル・ゾリステンを主宰。多少華やかさが不足するものの、清澄でリリックな音は、とくにバッハの室内楽でツェラーの名を高めた。[岩井宏之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ツェラーの関連キーワードザンクトペルテントイレットペーパーフロントページザンクトギルゲンザンクトペーター僧院教会サンクトペテルブルグ要塞サンクトペテルブルグテレビタワースコッティ 片手でらくらくトイレットペーパーザンクト・ペーター・ウント・マリア大聖堂ザンクト・ペーター修道院教会

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ツェラーの関連情報