ツェラー(英語表記)Zeller, Carl

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツェラー
Zeller, Carl

[生]1842.6.19. ザンクトペーテル
[没]1898.8.17. ウィーン近郊バーデン
オーストリアのオペレッタ作曲家。ウィーン少年合唱団員を経て,法律を学ぶかたわらゼヒターに作曲を師事。 1873年オーストリア文部省の芸術顧問に就任。代表作『小鳥売り』 (1891) 。

ツェラー
Zeller, Eduard

[生]1814.1.22. ウィッテンベルク
[没]1908.3.19. シュツットガルト
ドイツの哲学者,哲学史家,神学者。テュービンゲン,ベルリンの各大学で学んだ。 1847年ベルン,49年マールブルクの各大学神学教授,62年ハイデルベルク,72年ベルリンの各大学哲学教授。6冊にわたる大著『ギリシア人の哲学』 Die Philosophie der Griechen (1844~52) で知られる。新カント派初期の代表者の一人。ほかに『プラトン研究』 Platonische Studien (39) がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ツェラー
つぇらー
Karlheinz Zller
(1928―2005)

ドイツのフルート奏者。フランクフルトとデットモルトで学び、ジュネーブ、ミュンヘンの両国際コンクールに入賞。1960~1968年ベルリン・フィルハーモニーの首席フルート奏者を務める。以後、独奏・室内楽活動に転じ、ベルリン・フィル・ゾリステンを主宰。多少華やかさが不足するものの、清澄でリリックな音は、とくにバッハの室内楽でツェラーの名を高めた。[岩井宏之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ツェラーの関連情報