コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツォディロ ツォディロ Tsodilo

3件 の用語解説(ツォディロの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ツォディロ(Tsodilo)

ボツワナの北西部、ナミビアとの国境付近にある丘陵地帯。先住狩猟民サン族の描いた岩絵が多く見られるカラハリ砂漠に囲まれた10キロメートル四方の地域に4500以上の岩絵が集中することから、「砂漠のルーブル」ともよばれる。2001年、世界遺産文化遺産)に登録された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ツォディロ

ボツワナ北部に位置する地域。カラハリ砂漠の約10km2に狩猟採集民サンが描いた岩壁画が4500以上も密集して残っていることから,2001年世界文化遺産に登録。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界遺産詳解の解説

ツォディロ

2001年に登録されたボツワナの世界遺産(文化遺産)で、同国北部に位置する。ここには、サン族が描いた約4500点もの岩壁画が残されている。これらが人類の歴史上、重要な時代を例証するものとして、世界遺産に登録された。また、この一帯には、クドゥ(角の形が複雑なインパラの仲間)やヒョウダチョウオオアリクイ、サル、ブラウンハイエナなどが生息している。◇英名はTsodilo

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ツォディロの関連キーワードスルツエイヘンダーソン島ティヤ自然遺産ソルテアマプングブエルスト世界遺産暫定リスト世界遺産登録シエナ歴史地区

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone