コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツォディロ ツォディロTsodilo

3件 の用語解説(ツォディロの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ツォディロ(Tsodilo)

ボツワナの北西部、ナミビアとの国境付近にある丘陵地帯。先住狩猟民サン族の描いた岩絵が多く見られるカラハリ砂漠に囲まれた10キロメートル四方の地域に4500以上の岩絵が集中することから、「砂漠のルーブル」ともよばれる。2001年、世界遺産文化遺産)に登録された。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界遺産詳解の解説

ツォディロ

2001年に登録されたボツワナの世界遺産(文化遺産)で、同国北部に位置する。ここには、サン族が描いた約4500点もの岩壁画が残されている。これらが人類の歴史上、重要な時代を例証するものとして、世界遺産に登録された。また、この一帯には、クドゥ(角の形が複雑なインパラの仲間)やヒョウダチョウオオアリクイ、サル、ブラウンハイエナなどが生息している。◇英名はTsodilo

出典|講談社
世界遺産詳解について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone