コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツノダシ Zanclus cornutus; moorish idol

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツノダシ
Zanclus cornutus; moorish idol

スズキ目ツノダシ科の海水魚全長 30cm内外。体高は著しく高く,体は強く側扁する。は突き出て,円筒状。口は小さい。背鰭第3棘以降は長く伸びる。眼隔部に一対突起がある。体色は淡黄色で,体側に 2本の幅広い黒褐色横帯がある。本州中部以南,インド太平洋に分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ツノダシ
つのだし / 角出
moorish idol
[学]Zanclus cornutus

硬骨魚綱スズキ目ツノダシ科に属する海水魚。メキシコ、ハワイ、南日本から東アフリカ沿岸まで広く分布する。体は円形でよく側扁(そくへん)し、口は管状に突出する。背びれの第3棘(きょく)は著しく糸状に伸びる。近縁のチョウチョウウオ科の魚とは歯が細かくて刷毛(はけ)状であることなどの共通点をもつが、本種は鱗(うろこ)の表面に突起があることなどの特徴で区別される。岩礁付近で群泳し海藻や小動物を食べる。底生生活に移るまでの3、4センチメートルの幼魚は透明で長期の浮遊生活が可能で、海流により広く分散する。また、幼魚の口の後方には曲がった一棘があるため、トゲツノダシという名でよばれた。特異な形態と黄色と黒色の鮮やかな体色から観賞魚とされる。[井田 齋]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のツノダシの言及

【熱帯魚】より


[海水魚]
 姿,色彩ともに淡水魚より優美なものが多い。日本で入手の容易な種類は,沖縄からフィリピンにかけて分布するもので,スズメダイ類では,コバルトスズメ,ミスジリュウキュウスズメ,ミツボシクロスズメ,クマノミ,ハマクマノミ,カクレクマノミなど,チョウチョウウオ類では,チョウチョウウオをはじめ,トゲチョウチョウウオ,イッテンチョウチョウウオ,フウライチョウチョウウオ,フエヤッコダイなど,ベラ類ではカンムリベラ,ツユベラなど,その他,ハナミノカサゴ,モンガラカワハギ,ツノダシなどがある。 以上のうちスズメダイ類は小型で飼いやすい。…

※「ツノダシ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ツノダシの関連キーワードヒメツバメウオイソクズガニヒシガニ幼魚井田角出

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android