コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツリアブ ツリアブ Bombyliidae; bee fly

3件 の用語解説(ツリアブの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツリアブ
ツリアブ
Bombyliidae; bee fly

双翅目ツリアブ科に属する昆虫の総称。小型ないし中型のアブ。体が短太で毛深く,ややハナバチ類に似るものと,全体が非常に細長くほとんど無毛で,アメバチ類に酷似するものとがある。単眼をもち,複眼は大きい。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ツリアブ

双翅(そうし)目ツリアブ科の昆虫の総称。中型のアブで,ハチ類に擬態する種類が多く,ビロードツリアブ類はマルハナバチに,ハラボソツリアブ類はヒメバチ類に似る。花蜜を好み,翅をきわめて速く動かして,一見空中につり下げられたように静止するのでこの名がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ツリアブ
つりあぶ / 吊虻・長吻虻
beefliesbombylid

昆虫綱双翅(そうし)目短角亜目アブ群ツリアブ科Bombyliidaeの昆虫の総称。この科の昆虫は中形から大形で、(1)体は太くて短く毛深いもの、(2)細長くて無毛のもの、という二つの型があるが、両型とも口吻(こうふん)は細長く、訪花性である。複眼は大きく、雌でも雄のようにしばしば合眼的、単眼はつねに存在する。はねは細長く、翅端部はとがり、斑紋(はんもん)をもつものが多い。はねを速く動かして飛び、空中の一点に静止することができる。幼虫は寄生性で、各種の土壌昆虫の卵、幼虫、蛹(さなぎ)に寄生する。
 代表種のビロードツリアブBombylius majorは、体長10ミリメートル内外で、体が太くて短く、毛深い。日本各地の草原に普通にみられる。スズキハラボソツリアブCephenius suzukiiは、体長20ミリメートル、翅長13ミリメートル。一見ヒメバチに似る。ツリアブ科のほかにもムシヒキアブ科とアブバエ科のなかにもヒメバチに似たものがあるので注意を要する。本種は触角が長くて黒色、口吻は長い。胸部は黒色で両側縁には太い黄褐色条がある。はねは細くてわずかに褐色がかり、前縁部だけが黄褐色で斑紋がなく、翅脈は黒褐色。前脚と中脚は短く、後脚のみ長い。腹部は細長く、赤褐色で、背面は暗色。左右に扁平(へんぺい)で、末端近くで膨らむ。本州に分布する。ニトベハラボソツリアブC. nitobeiは、前種に似るがやや小形で体長13ミリメートル内外。触角の第1節は黄褐色である点で識別できる。[伊藤修四郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ツリアブの関連キーワードメクラアブコウカアブ花虻扁虻水虻吊虻蚤蠅虫引虻ツリアブ(長吻虻)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone