コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツルアダン Freycinetia formosana

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツルアダン
Freycinetia formosana

タコノキ科のつる性木本で,八重山諸島から台湾に分布する。茎の各節から気根を出して他の樹木や岩上にはい登る。茎は淡褐色で,落葉痕がリング状に目立つ。葉は先が鋭くとがった剣状で長さ 50~80cm,葉縁に鋭いとげがある。夏,茎頂に葉に囲まれて棒状の肉穂花序を出し,花被のない黄白色の小花を密に多数つける。雌花と雄花があり,雌花序はそのまま太い肉穂状の集合果となり,赤褐色で球形の小液果を密につける。小笠原諸島に生えるツルダコ (蔓蛸) はごく近縁な種である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ツルアダン【Freycinetia formosana Hemsl.】

タコノキ科のつる性木本植物で,その形状からツルダコと呼ばれることもある。常緑の低木状つる植物で,茎は木質化し,多数の線状披針形の葉をらせん状につける。葉は長さ60~100cm。雌雄異株。茎に数個が頂生状につく肉穂花序は,数枚の葉状の苞につつまれる。沖縄の石垣島および西表島,それに台湾に分布する。果実が食用とされることがあり,またときに観賞用に栽植される。 ツルアダン属Freycinetia(英名climbing screw‐pine)は東南アジアからオーストラリア,太平洋諸島に約60種あり,日本には小笠原諸島にツルダコF.boninensis Nakaiがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のツルアダンの言及

【アダン】より

…分布は熱帯圏に限られ,3属400種ほどが知られている。線形の葉は縦に裂けやすく,各種の敷物,籠,帽子を編むのに,広くいろいろな種が利用されるし,ツルアダンの仲間のしなやかな茎も同様の用途に使用される。種子の胚乳はデンプン質のため食用になり,マレーシアのニコバル島ではタコノキの1種P.andamanensis Kurz.が主食として利用されている。…

※「ツルアダン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ツルアダンの関連キーワードツルダコ(蔓蛸)於茂登岳

今日のキーワード

シンデレラ体重

女性の理想的な体重の指標の一つで、BMIなどと同様、計算式にあてはめて割り出す。もともとは大手エステサロンが女性の理想的な体重として20年以上前に考案した指標で、当時の計算式は「身長(メートル)×身長...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android