コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツークシュピッツェ[山] ツークシュピッツェ

2件 の用語解説(ツークシュピッツェ[山]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ツークシュピッツェ[山]【ツークシュピッツェ】

ドイツ,バイエルン州ガルミッシュ・パルテンキルヘンの南西にあるドイツ最高峰(2963m)。チロルとの境に位置,東峰に山頂十字架,西峰に気象観測所と山小屋がある。
→関連項目ドイツ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ツークシュピッツェ[山]【Zugspitze】

ドイツ南端,バイエルン州とオーストリアの国境をなすウェッターシュタインWetterstein山脈に属するドイツの最高峰。標高2963m。北東麓の国際的観光都市,ガルミッシュ・パルテンキルヘンからアプト式登山鉄道が通じ,ロープウェーに乗り継いで山頂に至る。オーストリア側のエールワルトからもロープウェーが山頂に通じている。山頂には展望台,氷河・気象観測所などがあり,夏季も冬季も多くの観光客でにぎわっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone