ティブルス

  • Albius Tibullus
  • 前48ころ―前19

世界大百科事典 第2版の解説

前50ころ‐前19ころ
ローマの抒情詩人。騎士身分の家に生まれ,当時マエケナスとともに文芸を保護していた軍人政治家メッサラMarcus Valerius Messala Corvinusのグループに属していた。メッサラの勝利をたたえる祝勝歌も彼の詩集には含まれている。古代より伝わるティブルスの詩集は3巻よりなるが,現在ではそのうち1,2巻のみが真作とされている。彼は,恋人デリア,ネメシス,少年マラトゥスにあてた恋愛詩のほかに,田園における生活をたたえる詩などを書きのこした。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

古代ローマのエレゲイア詩人。貴族メッサラをパトロンとする文人たちのサロンに所属。恋愛エレゲイア詩に牧歌の要素を取り入れ、繊細優美なスタイルで恋人デーリアと過ごす田園生活の夢や、もう1人の恋人ネメシスへの報われない愛を歌った。『ティブルス全集』は、同じ文人サロンのリュグダムスとスルピキアの詩と作者不詳の作品も含む。

[中山恒夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のティブルスの言及

【ラテン文学】より

…特に顕著だったのはアウグストゥス帝の右腕ともいうべきマエケナスのサークルで,ウェルギリウス,ホラティウス,プロペルティウス,ウァリウスVarius,プロティウス・トゥッカPlotius Tuccaなど,ラテン文学を代表する詩人たちがマエケナスの援助を受けて,職業詩人として活躍し,時代精神の形成に貢献した。メッサラのサークルにはティブルスと,リュグダムスLygdamusやスルピキアSulpiciaが属した。みずから詩人および歴史家でもあったポリオPollioは,文人を集めて朗読会を催す習慣を作った。…

※「ティブルス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android