コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テオドシウス[1世] テオドシウス

百科事典マイペディアの解説

テオドシウス[1世]【テオドシウス】

ローマ皇帝(在位379年―395年)。将軍の子として生まれ,帝国東半部の皇帝となり,戦争・同盟により異民族の脅威から帝国を防衛,正統派カトリック教徒として異教を厳禁し,キリスト教を国教に高めた(392年)。
→関連項目古代オリンピックスティリコ西ローマ帝国

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

テオドシウス[1世]【Theodosius I】

347‐395
ローマ皇帝。在位379‐395年。将軍テオドシウスの息子としてスペイン北西部に生まれる。368年以降父の司令部に加わり,ブリタニア遠征や対アラマン族遠征に参加,374年には上モエシア州のドゥクス(軍司令官)を務めた。376年父が突然カルタゴで処刑されると,一時スペインに隠遁したが,378年アドリアノープルの会戦でウァレンス帝が西ゴートに敗死すると,西の正帝グラティアヌスにより対西ゴート戦の総司令官に任じられ,翌379年1月には東の正帝に任じられた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

テオドシウス[1世]の関連キーワードアンブロシウス