コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テオドシウス[1世] テオドシウス

2件 の用語解説(テオドシウス[1世]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

テオドシウス[1世]【テオドシウス】

ローマ皇帝(在位379年―395年)。将軍の子として生まれ,帝国東半部の皇帝となり,戦争・同盟により異民族の脅威から帝国を防衛,正統派カトリック教徒として異教を厳禁し,キリスト教を国教に高めた(392年)。
→関連項目古代オリンピックスティリコ西ローマ帝国

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

テオドシウス[1世]【Theodosius I】

347‐395
ローマ皇帝。在位379‐395年。将軍テオドシウスの息子としてスペイン北西部に生まれる。368年以降父の司令部に加わり,ブリタニア遠征や対アラマン族遠征に参加,374年には上モエシア州のドゥクス(軍司令官)を務めた。376年父が突然カルタゴで処刑されると,一時スペインに隠遁したが,378年アドリアノープルの会戦でウァレンス帝が西ゴートに敗死すると,西の正帝グラティアヌスにより対西ゴート戦の総司令官に任じられ,翌379年1月には東の正帝に任じられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

テオドシウス[1世]の関連キーワードアルカディウスウェスパシアヌスジギスムントデキウスレオ北海道新幹線テオドシウスネルワアントニヌスピウスオンキャンパス

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone