テキサコ[会社](読み)テキサコ

百科事典マイペディアの解説

テキサコ[会社]【テキサコ】

世界最大級の石油会社。米国,テキサス州の油田開発のため1901年非スタンダード系石油会社としてTexas Co.が設立され,1920年代にはスタンダード・オイル・グループに拮抗。1926年Texas Corp.に社名を変更し,1959年テキサコと称した。海外活動はスタンダードオイル・オブ・カリフォルニア社(後のシェブロン社)との共同事業販売子会社カルテックス日本石油・興亜石油にも投資)を通じて行っていたが,1967年ヨーロッパでは共同体制を解く。1970年代原油の約半分をサウジアラビアから調達していたが,1984年ゲッティ・オイル社の買収によって国内原油調達率を高めた。1998年,シェルとの合併でEquilon Enterprises LLCを,また1998年シェル,サウジ・アラムコの3社でMotiva Enterprises LLCを設立。2001年シェブロンと合併し,シェブロンテキサコになる。
→関連項目ARAMCO[会社]三菱石油[株]メジャー

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

テキサコ[会社]【Texaco Inc.】

エクソン社,ロイヤル・ダッチ・シェル社,ブリティッシュ・ペトロリアム社に次ぎ,世界第4位の規模を誇るアメリカの石油会社。本社ニューヨーク。テキサス大油田の発見を契機に1901年Texas Co.として設立され,当時圧倒的な支配力を誇っていたスタンダード・オイル・トラストに,独立の会社として競争を挑んだ。設立後10年足らずで,ヨーロッパ市場へも参入し,20年代にはコロンビアベネズエラに原油生産の拠点を確立して,スタンダード・オイル・グループに対抗しうる力をもった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のテキサコ[会社]の言及

【ARAMCO】より

…サウジアラビアに広大な鉱区を所有する世界最大の産油会社。1933年,アメリカの石油メジャーであるスタンダード・オイル・オブ・カリフォルニア社(通称ソーカル)がカリフォルニア・アラビアン・スタンダード・オイル社California Arabian Standard Oil Co.として設立したことに始まる(なお,ソーカルは1936年テキサコ社に利権の半分を与えて共同でカルテックス社Caltex Petroleumを設立)。44年に現社名に変更。…

【メジャー】より

…メジャー(メジャーズともいう)とは国際石油会社international major oil companyないし国際石油資本を指し,かつては,7社あったことから〈セブン・シスターズ〉と呼ばれていた。現在ではエクソン社,モービル社,テキサコ社,シェブロン社(以上アメリカ系資本),ブリティッシュ・ペトロリアム社(イギリス系資本),ロイヤル・ダッチ・シェル社(イギリス,オランダ系資本,ロイヤル・ダッチ・シェル・グループ)の6社をいう(1997)。1社少なくなっているのは,1984年初頭における激しい買収合戦の結果,メジャーのうちガルフ・オイル社が同じくメジャーのシェブロン社(当時はスタンダード・オイル・オブ・カリフォルニア社)に買収されたためである。…

※「テキサコ[会社]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android