コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テスラン・ド・ボール テスラン・ド・ボールTeisserenc de Bort, Léon Philippe

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テスラン・ド・ボール
Teisserenc de Bort, Léon Philippe

[生]1855.11.5. パリ
[没]1913.1.2. カンヌ
フランスの気象学者。1880年パリの中央気象台に入り,1892年主任気象官。1896年退官後,ベルサイユ近傍のトラッペに私設の高層気象観測所を建設して無人気球を開発。およそ 11km以上の高度では気球の高度を増しても気温が一定であることを発見し,1900年大気対流圏成層圏の 2層からなるという説を唱えた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

テスラン・ド・ボール

フランスの気象学者。パリ生れ。1896年パリ郊外のトラップ私費で高層気象観測所を設立。1899年気球による高層観測から帰納して,成層圏を発見。天気の長期変動を支配する〈大気活動の中心〉という概念を確立。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

テスラン・ド・ボールの関連キーワード中央気象台アスマン

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android