コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テトマイエル テトマイエルTetmajer Przerwa, Kazimierz

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テトマイエル
Tetmajer Przerwa, Kazimierz

[生]1865.2.12. ルジミェシュ
[没]1940.1.18. ワルシャワ
ポーランドの詩人,小説家。「若きポーランド」初期を代表する一人で,人間不信のペシミズムと自然への愛を抒情詩にうたいあげた。生涯8冊の詩集を出版したほか,短編小説長編小説も発表。『ポトハレの岩山で』 Na skalnym Podhalu (1903~10) はタトリの山の美しい伝説に取材した作品。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

テトマイエル
てとまいえる
Kazimierz Przerwa Tetmajer
(1865―1940)

ポーランドの詩人、作家。「若きポーランド」初期を代表する叙情詩人で、世紀末的気分――ペシミズム、終末感、倦怠(けんたい)、俗物的理想への軽蔑(けいべつ)、芸術のための芸術への信仰などが彼の八つの連詩のうち、とくに第二(1894)と第三(1897)に色濃く表れている。散文では故郷ポドハレ地方の歴史と口碑に基づく『タトラ伝説』(1912)のほか戯曲もある。[吉上昭三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

テトマイエルの関連キーワードフォーレアメリカ合衆国史(年表)慶応リンカーングラバーカピタンクーランコーツスターリング武田幾

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone