コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テラントロプス Telanthropus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テラントロプス
Telanthropus

1949年に南アフリカ共和国のヨハネスブルク近くで,ジョン・タルボット・ロビンソンらによって発見された化石人類。学名をテラントロプス・カペンシス T. capensis という。下顎骨は頤がなく,咀嚼筋のつく下顎枝は幅広いが高くない。歯は現生人類より大きいが,パラントロプスほどではない。全体として頑丈でハイデルベルク人の下顎と似ており,アウストラロピテクス類猿人)と原人類(ホモ・エレクトゥス類)との中間的段階を示すものといわれてきたが,今日では原人類の一員とされている。時代は数十万年前の更新世中期といわれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

テラントロプス【Telanthropus】

南アフリカのヨハネスバーグに近いスワルトクランスSwartkransの洞窟で,1949年にJ.T.ロビンソンが発見したSK15という下顎骨化石で代表される化石人類。同じ洞窟からは猿人の化石が多数発見されたが,それらに比べて下顎枝が低く,下顎体の上下縁が平行で,歯が小さいなど,原人の下顎骨に類似するため,猿人とは区別してテラントロプス・カペンシスT. capensisの学名が与えられた。現在では原人Homo erectusに属することが一般に認められている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

テラントロプスの関連キーワードブルーム(Robert Broom)スワルトクランス遺跡パラントロプスハイデルベルク現生人類咀嚼筋

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android