テレビカメラ

精選版 日本国語大辞典「テレビカメラ」の解説

テレビ‐カメラ

〘名〙 (television camera から) テレビジョンの放送に用いるカメラ。光学系と画像を電気信号に変換する撮像管部などからできている。白黒カメラ、カラーカメラ等があり、使用目的によってスタジオで用いられるスタジオカメラ、映画等の放送に用いられるフィルムカメラなどに分類される。
※白い魔魚(1956)〈舟橋聖一〉夕ぎり草「その代り、テレビ・カメラには、まともにさらされた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

百科事典マイペディア「テレビカメラ」の解説

テレビカメラ

テレビジョン用撮像カメラ。撮像管レンズからなり,多く焦点距離の異なるいくつかのレンズをもつターレット式かズーム式のレンズ系をもつ。撮像管は主としてイメージオルシコンが使われ,カラーテレビでは普通3本の撮像管を用いる。近年固体撮像素子CCD電荷結合素子)を用いた小型軽量のカラービデオカメラが家庭用ビデオ機器に使われている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

猛暑日

日最高気温が 35℃以上の日。気象庁では 2007年4月から定義し使用を始めた。おもな都市の平年値(1981~2010)は,稚内 0日,札幌 0日,仙台 1日,新潟 3日,東京 3日,名古屋 12日,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android