コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テレーズ[リジュー] Thérèse de Lisieux

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テレーズ[リジュー]
Thérèse de Lisieux

[生]1873.11.2. アランソン
[没]1897.9.30. リジュー
フランスの修道女。幼きイエズスのテレーズ,小さき花のテレーズ,小テレーズとも呼ばれる。本名 Marie Françoise Thérèse Martin。深い宗教的雰囲気のなかで育ち,1888年リジューの跣足カルメル会修道会に入る。 90年誓願を立て,93年修練女の指導を託される。完徳を目指す修道生活において,英雄的な苦行や犠牲を手段とするのでなく,みずからの罪と弱さを引きずりながら,イエスへのまったき信頼に生き,心を神の愛に開きつつみずからの生活をその導きにゆだねる「小さい (者の) 道」を歩んだ。こうして神経症と病身にもかかわらず,神の愛のなかに安らぐ快活な聖性に達したが,修道会上長の求めによって書かれた自伝『小さき花』 Histoire d'une âme (1898,校訂版 1956) はこの聖性への道の偽りない叙述であり,彼女の死後大きな影響を近代カトリック教会に及ぼした。 1925年列聖 (祝日 10月3日) 。布教事業などの保護聖人。 97年教会博士に列せられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

テレーズ[リジュー]の関連キーワードイエズステレーズ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android