コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テンドリャコフ Tendryakov, Vladimir Fëdorovich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テンドリャコフ
Tendryakov, Vladimir Fëdorovich

[生]1923.12.5. マカーロフスカヤ
[没]1984
ソ連の小説家。第2次世界大戦後に作家として出発し,スターリン批判後に,人間存在の本源的問題を追究する先鋭な作品を発表。代表作『奇跡の聖像』 Chudotvornaya (1958) ,『裁判』 Sud (61) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

テンドリャコフ
てんどりゃこふ
Владимир Фёдорович Тендряков Vladimir Fyodorovich Tendryakov
(1923―1984)

ソ連の小説家。17歳で第二次世界大戦に参加、負傷して除隊後、ゴーリキー文学大学に学び、農村記録文学(オーチエルク)の分野で作家として出発。スターリン批判後の「雪どけ」を背景に初期中編『家風に合わぬ』(1954)、『難関』(1956)、『奇跡の聖像』(1958)などを発表。以後も人間の生と死を中心に据えつつ社会悪と人間悪の相克を倫理的側面から鋭く追求した『スリー・セブン・エース』(1960。邦訳名『激流』)、『裁判』(1961)、『漏電』(1962)などの作品を次々と発表し、戦中派の代表作家の一人として活躍を続けた。ほかにも中編『かげろう――短い一生』(1965)、『臨終』(1968)など。[安井侑子]
『榊利夫訳『難関』(1960・新読書社) ▽原卓也訳『激流』(『世界文学全集30』所収・1965・集英社) ▽箕浦達二訳『奇跡の聖像』(『新しいソビエトの文学2』所収・1967・勁草書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

テンドリャコフの関連キーワード島津保次郎溝口健二衣笠貞之助村田実内閣総理大臣奥健蔵前田河広一郎有島武郎イノニュ帰山教正

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android