コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テンニンギク(天人菊) テンニンギクGaillardia bicolor

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テンニンギク(天人菊)
テンニンギク
Gaillardia bicolor

キク科の一年草北アメリカアリゾナ,ニューメキシコ地方の乾燥地の原産で,原産地では多年生であるが,園芸植物としては一年草として栽培される。茎は高さ 30~60cmで直立し,上部で分枝する。葉は互生し,へら状で縁に切れ込みがある。7~10月,径約 4cmの黄色と紫紅色またはえんじ色の複色の頭状花を開く。頭花の外周に並ぶ舌状花の基部が濃色をするためである。近年は近縁のオオテンニンギク G. aristataやその交配品種のほうが多く栽培され,全部が舌状花となったいわゆる八重咲きなどもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

テンニンギク(天人菊)の関連キーワードキク科

今日のキーワード

ディーセント・ワーク

ディーセント・ワーク(Decent Work)とは1999年、ILO(国際労働機関)のフアン・ソマビア事務局長が就任時に掲げたスローガンです。「人間らしいやりがいのある仕事」「適切な仕事」などと邦訳さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android