コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テーテンス テーテンスTetens, Johann Nicolaus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テーテンス
Tetens, Johann Nicolaus

[生]1736.9.16. テーテンビュル
[没]1807.8.15. コペンハーゲン
ドイツの哲学者,心理学者,経済学者。ロシュトック,コペンハーゲンの各大学で学んだ。 1776~89年キール大学教授,89年以降コペンハーゲンの行政官。ライプニッツウォルフ形而上学経験的心理学の立場から検討し,新しい形而上学を構想した。認識論的には人間の精神活動を従来の思惟,意志の2分法に対して思惟,意志,快・不快の感情に3分し,しかも感情の働きの独立性を主張したところに功績がある。この点でカントに与えた影響は大きく,カントは彼の3分法を採用した。また心理学的にも経験心理学の先駆者として注目される。主著『普遍的思弁哲学』 Über die allgemeine spekulatische Philosophie (1775) ,『人間本性とその展開についての哲学的試み』 Philosophische Versuche über die menschliche Natur und ihre Entwicklung (2巻,76~77) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

テーテンスの関連キーワード元文デュールコープアフシャール朝フィールディングホークスムア享保銀ナーディル・シャーアフシャール朝羽織松坂屋