コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テーテンス Tetens, Johann Nicolaus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テーテンス
Tetens, Johann Nicolaus

[生]1736.9.16. テーテンビュル
[没]1807.8.15. コペンハーゲン
ドイツの哲学者心理学者,経済学者。ロシュトック,コペンハーゲンの各大学で学んだ。 1776~89年キール大学教授,89年以降コペンハーゲンの行政官。ライプニッツ=ウォルフの形而上学を経験的心理学の立場から検討し,新しい形而上学を構想した。認識論的には人間の精神活動を従来の思惟,意志の2分法に対して思惟,意志,快・不快の感情に3分し,しかも感情の働きの独立性を主張したところに功績がある。この点でカントに与えた影響は大きく,カントは彼の3分法を採用した。また心理学的にも経験心理学の先駆者として注目される。主著『普遍的思弁哲学』 Über die allgemeine spekulatische Philosophie (1775) ,『人間本性とその展開についての哲学的試み』 Philosophische Versuche über die menschliche Natur und ihre Entwicklung (2巻,76~77) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

テーテンス

生年月日:1736年9月16日
ドイツの哲学者,心理学者,経済学者
1807年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

テーテンスの関連キーワードメンデルスゾーン能力心理学生年月日

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android