コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

思弁哲学 しべんてつがくphilosophia speculativa; speculative philosophy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

思弁哲学
しべんてつがく
philosophia speculativa; speculative philosophy

もっぱら純粋な理性によって世界観の体系を打立てようとする哲学。プラトンアリストテレス以来,いわゆる形而上学の多くは思弁哲学である。感性,知覚に対する不信をその根底におき,特に中世のスコラ哲学において神の存在の証明に向けられた思弁的傾向は顕著であった。狭義にはカントに次いで現れたドイツ・ロマン主義の哲学者たち,すなわちフィヒテシェリングヘーゲルの哲学をさす。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

しべんてつがく【思弁哲学】

思弁を根拠・方法とする哲学。古代ギリシャ哲学・大陸合理論など、経験に対して理性を重んずる哲学はおおむねこの傾向にあるが、特にフィヒテ・シェリング・ヘーゲルなどのドイツ観念論哲学をさしていう場合がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

思弁哲学の関連キーワードハルトマン(Karl Robert Eduard von Hartmann)イギリス・ヘーゲル学派フロローフスキー新カント学派ムータジラ派ティーデマン哲学の貧困テーテンス西田幾多郎大陸合理論ロッツェブロード井上智勇カラーム実践哲学考証学ハリス

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android