コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テーブル湾 テーブルわんTable Bay

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テーブル湾
テーブルわん
Table Bay

南アフリカ共和国南西部,西ケープ州南西部の湾。ケープ半島北側に位置し,ケープタウンの港を擁する。17世紀半ばにオランダ東インド会社が北方のセントヘレナ湾に船舶補給用の農畜産物生産のために移民を送ったが,その増加に伴い,テーブル湾岸にも農作地がつくられ,南アフリカにおけるヨーロッパ人支配の端緒となった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

テーブル‐わん【テーブル湾】

Table Bay》南アフリカ共和国南西部、大西洋岸の都市ケープタウンの西方に開ける湾。主に冬季における南寄りの卓越風ケープ半島の基部に位置するテーブルマウンテンによって遮られるため、17世紀以来、湾奥部のケープタウンは天然の良港として発展した。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

テーブル湾
てーぶるわん
Table Bay

南アフリカ共和国南部、ケープ・タウンの西方に開ける湾。幅約6キロメートル、奥行約3キロメートル。冬に多い南寄りの風がテーブル山によって遮られるため、17世紀以後、湾奥部に良港ケープ・タウンが発達した。[田村俊和]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

テーブル湾の関連キーワードビクトリアアンドアルフレッドウオーターフロントケープ・タウンケープ植民地アルメイダロブン島ロベン島喜望峰

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android